知ってる?普段水のこんなこと
2017年10月24日

不断水工事は生活に支障が出ない画期的な工法

日本では都市部でも地方でも、誰もがよく管理されたライフラインの恩恵を受けて、水や電気やガスなどを便利に利用できるようになっています。

こうしたライフラインは何気なく使っているものですが、使えなくなると生活にさまざまな支障をきたします。

とはいえ、このような設備を長く確実に、そして安全に使用し続けるためには、点検や修理などのメンテナンスを欠かすことはできません。

このような工事の際には、工事の種類によっていずれかのライフラインが一定期間ストップすることがあります。

どれも多少の不便さを伴いますが、水道が止まるのが一番辛いと答える人は多くいます。断水時には前もって必要な水を汲み置いておくことができますが、やはり限界があります。特に日中もずっと在宅している家庭や、事業所などではトイレの問題も大きくなります。

そこで最近では、多くの水道関連の工事会社が、不断水工事に積極的な取り組みを行なっています。

不断水工事は、正式には不断水分岐工法という名称のある工事方法です。この工法では、関係する場所での断水を実施することなく、配管設備の取り換えや設置といった工事を完了できるため、準備や告知にかかる手間や費用の削減に貢献します。不断水工事では、既設管にT字管と仕切り弁を取りつけ、さらに穿孔機を取り付け既存の管に穴を開けます。

手順に従い穿孔機を取り外したら、仕切り弁を開け通水します。最近では穴の開け方も選べるなど、さらなる技術の進歩が見られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です