知ってる?普段水のこんなこと
2017年10月3日

不断水工法は熟練した技術が必要です

不断水工法は水道工事の際に水道断水させることなく配管の増設や故障の修理等が行える非常に画期的な方法として多くの現場で採用されています。

従来は水道工事の場合には工事が完了するまでの間水道の要求を止め、
工事完了後点検をしてから再度供給を開始するといった方法が一般的でしたが、
不断水工法を利用することで供給を継続したまま工事が行えることになり、水道を利用する利用者に対してサービスの低下を避ける方法として多くの現場で利用されています。

しかし、不断水工法を行う際には様々な注意が必要です。断水を伴わない工事となるため水道の供給性は安定しますが水質に関して十分に確認しないと汚染された状態の水を供給してしまうことになり、
しかもその汚染に利用者が気づかずに利用してしまうと言うことも発生する危険性が高まるため、十分な注意が必要です。

従来のように断水する場合には再開する段階に於いて各利用者に水質の確認を促してから使用するようにすることができますが、不断水工法のように利用者に対して工事の開始や終了が認識できない場合には、その確認を促す特別な手段が必要になるためです。

そのため、不断水工法を行う際には水質の汚染を招かないような熟練した能力を持った作業者が行うことが必要になるとともに、利用者の危険を回避するための様々な方策を事前に考慮し実践することが必要になります。

これらのトラブルを効果的に回避するためには、この工法について熟知し最適な判断を行うことができる熟練した作業者が行うことが最も重要なポイントになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です