知ってる?普段水のこんなこと
2017年8月31日

不断水工法を行う際には異物混入に注意しよう

不断水工法は水の流れを停止することなく排水管の工事が行える工事方法として、様々な場面で利用されています。供給を停止できない水道の工事のほかにも、工場等における冷却水の配管の増設工事や、排水管の工事などにも利用されており、工場の稼働停止せずに工事が行えるため生産性の向上にも非常に役立っています。

しかし不断水工法を行う場合には、工事前と工事後に十分な注意をすることが必要です。特に異物の混入は大きな問題となることが多いため、その面で十分な配慮が必要になります。

不断水工法は水の流れを止めない工事方法であるために水道工事などの場合には供給を受ける側は工事を行っていることを知らずに水道を使用し続けるため、水質の確認をせずに使用し続けることが多く、トラブルが発生することも少なくないためです。

不断水工法においては特殊な工具を使用し、その工具によって水の迂回路を作り必要な部分の工事を行うものですが、その際に工具の中に異物が混入していると水の流れによりその異物が水流の中に混入し流れることになります。

しかし工事を行う側も供給を受ける側もこれに気づかないことが多く、トラブルが発生してしまうことがあります。これを防ぐためには、不断水工法を行う前に工具の点検をしっかりと行うことが大切です。

さらに作業手順についても確認し、異物が混入しないような手順をしっかりと実現することが重要になります。また作業が完了し工具を取り外す際にも十分な注意を払い、異物が混入しないようにすることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です