知ってる?普段水のこんなこと
2017年8月31日

不断水工法の特徴とメリット

水道配管を新たに布設する際には、既存の配管に穴をあける作業が必ず必要となります。その際には当然の様に水が溢れてくるので何らかの処置が必要です。従来では、配管作業を行う為に水を止める断水をする必要性がありました。

周辺への通知を数日前から行い、給水車の手配など様々な事前段取りを要する大事業の一つでもありました。近年では、どこの設備業者でも行われる不断水工法が主流となりこれまでの面倒な段取りが不要となっています。

時代の流れとともに、住宅の増加や店舗・工場の増加そして介護施設の新設が相次ぎ水の重要性も高まる中で、断水を行うのは余程の場合でなければ行う事は出来ない状態です。電気工事でも停電をせずに施工できる工法も行われ、水道設備でも同様な事が求められる時代となりました。

不断水工法では、既設配管の分岐したい部分に割T字管を取り付けし更にバルブを取り付けします。更にその後方に穿孔機を取り付けしセット完了です。穿孔機のドリルにより既設配管への穴あけを行いドリルを元の位置に戻します。

配管からは水が溢れ出る為、バルブにより止水します。穿孔機を取り外しすれば、それ以降の配管作業を進める事ができます。気になる既設配管からの削り屑は、水圧により外に出押し出されるので既設配管への混入はありません。

不断水工法では、従来と異なり管内の清掃作業も不要で赤水が出る心配もなく時間の短縮や、工程の短縮やによりコスト面でも大幅に低減が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です